大夕張掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [掲示板入り口] [INDEX] [題名一覧] [] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[1566] 『東京大夕張会』報告 其の2. 投稿者:Nissy 投稿日:2018/11/10(Sat) 19:18  

Nissyです。失礼いたしました。『東京大夕張会』報告と言いながらすっかり忘れていました。まあーZinnyがやったから良いか?

じゃー又ね、飯田君。



[1565] 『東京大夕張会』ご報告 投稿者:Nissy 投稿日:2018/11/10(Sat) 19:11  

久しぶりの投稿です。Nissyと名乗っておきます。

もう相当爺いなので実名は恥ずかしいのでお許しください。
私自身も暫くこのサイトを覗いていなかったので偉そうな事は言えないのですが、最近このサイトの管理者の飯田君が少し元気が無いと言う噂を或る方面から聞いて気になっていました。
飯田君より少し先輩なので偉そうに君付で申し訳ありません。

このサイトを観たときは本当に衝撃を受けて、私自身もコンピューター技術者と言う事も有り、相当な労力を掛けたんだなと感心しました。
と言いながら私も投稿は2回位しかしていなくて、申し訳なく思っています。因みにZinnyは従弟です。

長くなりましたが、そんなこんなで飯田君は本当に尊敬しています。
これからもめげずに周りの協力も得ながら続けていって頂ければ幸いです。

宜しくね!!!



[1564] 晩秋の上野で 投稿者:ziny 投稿日:2018/11/05(Mon) 12:42  

ふるさと大夕張の皆さま
第54回東京大夕張会・・140名近くの盛会でした。
北は北海道(当然ですね…)、南は岡山県から・・・
日本各地から懐かしい人々が上野に集まり、
「ふるさとを歌いました」

あの頃の懐かしい「大夕張の歌」・そしてNO1561で
ご紹介の「ふるさとの風」も無事ご披露できました。

皆さんで鹿島中学校校歌を歌いましたが、カラオケタイムに
「鹿島小学校校歌」、「鹿島東小学校校歌」のリクエストも
あり、ギター生オケで皆さんと歌い…閉会時に故郷を合唱…♪
散会後にはミニ同期会などです。
今年も上野の「大夕張」は健在でした。

今年は、「大夕張アーカイブ・プロジェクト」として
大夕張・鹿島地区を研究や教育のフイールドとされております、
東海大学文学部広報メデイア学科の水島教授にも
ご来会いただき、ご挨拶・お話をいただきました。

成松さん、又、出席の皆さん、大夕張会お疲れ様でした。
今年からテーブル着席になりましたね。
来年は55周年です。
晩秋の上野で・・・皆さん、元気で…会いましょう。
11月2日(土)です。







[1563] 東京大夕張会 投稿者:成松泰彦 投稿日:2018/11/04(Sun) 12:24  

ふるさと大夕張掲示板22周年ですね。
おめでとうございます。

今、書き込みをしばらく振りで覗きました、
懐かしい❗敏さん元気ですか?

私は東京上野精養軒で開催されております。
東京大夕張会懇親会に参加しております。
同級生の佐藤誠君伝とおる君と同じテーブルです。

向こうのテーブルを見ると兄貴の雅夫も来ている!

150名ほどのみなさんが参加されております。
ゆっくり懐かしい話をさせてもらいます。



[1562] 我が町、大夕張 投稿者:永井利勝 投稿日:2018/10/15(Mon) 22:58  

10月5日に、札幌から清水沢まで行き、その後、夕張東高のグランド跡地まで行き、夕張岳をバックに写真を撮ってきました。また、その日はとても天気が良く、素晴らしい写真が撮れました。その後、マウントレースイホテルにて昼食を取ったのですが、それが最近、オーナーが中国人になったようですが、レストランの従業員の対応が非常にお粗末で、スキー場でなければ、今後、日本人のお客が来るかとても心配になりました。
中二階の中華レストランのみオープンしてなく、我々以外はすべて中国人でした。味はおいしいとは言えませんでした。
今後、どういうホテル経営になるか、注目していきたいと思います。


[1561] 平成最後の東京大夕張会 投稿者:ziny 投稿日:2018/09/04(Tue) 00:30  

平成30年、危険な暑さもやっと過ぎつつあります
大夕張の皆さま お元気のことと思います

去る者は日々に疎しといいますが、
鹿島の山もそのように思っているのでしようか?
以前にも投稿したのですが・・・・

磯次郎の沢は淵となる 鹿島橋は沈み 
白銀(しろがね)橋も沈み 三弦橋も沈んだ・・
旭沢橋梁も沈むのか 大夕張ダムも沈んだ
満々の水面に青い風が渡る・・
碑は残り イタヤ楓は 残った ・・・

という故郷ですが・・・

鈴木市長も頑張って、
ふるさと夕張は新たな一歩を・・・踏みだしてきたようです。
大夕張も夕張です、そうですよね・・・

皆さん、「ふるさとの風」を11月4日(日)、
上野で一緒に歌いましょう。
今年は上野精養軒の都合で、毎年固定して開催してきた
第一土曜日が、やむなく次の日曜日、4日になりました。
今回限りです。ご案内がこれからいきます。

『ふるさとの風』

雪どけ頃の ふるさとは 道はぐちゃぐちゃどろんこで
馬ふん風が吹いていた 風は冷たく寒いけど
ネコヤナギの綿毛〜 暖かい
短い夏の終わりには やぐら太鼓で盆踊り
浴衣の汗が冷えてきた コスモス 風に揺れていた〜

秋の十五夜すすき風 雪虫舞えば 初雪だ
夕張岳は雪化粧 大根干しも終わったよ 石炭ストーブ
赤々〜暖かい〜 吹雪一面 真っ白に
もがり笛が 風に舞う 積もった雪に靴のあと
あつい くず湯 身に染みた〜

(間奏・語り) 上記の 磯次郎は淵となり・・・(です)

時は流れて 幾星霜 鹿島の山は見つめてる
大夕張に シュウパロに ふるさとの風 なお青し
大夕張に シュウパロに ふるさとの風 なお青し

                       ziny



[1560] 大夕張の正月 投稿者:斎藤 敏幸 投稿日:2018/01/02(Tue) 11:21  

大夕張の皆さん,新年あけましておめでとうございます。
大夕張の正月のイメージは,家族で囲んだ食卓,踏みしめる雪の音,そして,大夕張神社でし
ょうか。
あれから、色々な土地で新年を迎えましたが,大夕張の正月が一番新年を実感できたように思
います。

SNSは僕もほとんど使っていません。家族でラインに繋がっていないのも,僕だけです。(笑)
PCは早くから導入し,今の機種で4代目ですが,SNSは飯田さんと同じく,どうも体質的に
合わないようです。
HPを手繰り寄せ,情報をじっくり見るぐらいの距離感がシックリくるようです。

時間はどんどん過ぎて行きますが,大夕張は皆さんの心の中で,あの頃の元気な姿のまま生き
続けていると思います。(大夕張には9年ほど帰っていませんが...)
今年も「ふるさと大夕張」で沢山の大夕張と出会えればと思います。
どうぞ,今年も皆さんにとって,素晴らしい年でありますように。



[1559] この日を迎えると・・ 投稿者:jun 投稿日:2017/12/30(Sat) 23:58  

思い出されるのは大夕張に生きていた当時の頃。
しばれたね〜
大晦日は家族団欒。ミカン箱、裸まいり、除夜の鐘。厳かな
雰囲気とウキウキした気分が融け合っていました・・
年が変って元旦の朝。湯たんぽから洗面器に水を移して顔を
洗い、最初は両親に挨拶。みんなで神棚にご挨拶。お年玉を
受け取ってからお雑煮。
我家にテレビが無かった頃は、雑誌の付録に付いてきた福笑
いとトランプ(いやな顔を思い出した!)三昧でした。

そうそう、我家では、元日に下着とタオルを新品に替える習
わしがありました。子供の服はツギハギだらけが普通の時代。
皆さんのお宅は如何でしたか?
今も同じだったりして・・ (^_^)v

管理人の飯田様。zinyさん、ヒロさんお久しぶりです。
私は今でも毎年1、2回は大夕張に通っていますよ〜

Thank you for the everything this year .
I hope to get along with you also next year .



[1558] 2018年カレンダー「汽笛の響いた街・夕張」 投稿者:奥山 道紀 投稿日:2017/12/25(Mon) 21:20  

2017年も残り僅かとなりました。例年好評の当会オリジナル
・カレンダー「汽笛の響いた街 夕張」。なつかしい故郷
の情景が満載されています。
購入希望者は、500円分の受取人無記名の定額小為替と、送
料分の切手(1部205円、2部250円、3部400円)を郵送で下記
の三菱大夕張鉄道保存会事務局まで送付して下さい。
〒069-0855
江別市大麻宮町4-6-502 三菱大夕張鉄道保存会事務局
また、三菱大夕張鉄道の起点駅でもあった石勝線清水沢駅前
の「文化堂」(夕張市清水沢3-25)、「ほっとバス受付カウ
ンター」(札幌市中央区北2西2のセコム損保札幌ビル内)な
どでも取り扱っています。なお、収益は夕張の鉄道文化財の
保存・活用に使用されます。

http://www.ooyubari-rps.net/archives/2200


[1557] Re:[1556] こんばんは 投稿者:ziny 投稿日:2017/11/08(Wed) 19:17  

飯田さん、お元気そうで何よりです。
今、「大夕張」は上野にあります。と、書きましたが・・
「ふるさと大夕張」の掲示板・資料などの一里塚、2里塚、
3里塚・・・もあってのことです。

日々は過ぎゆきますが、緩やかに時にもたれて、
古きを訪ねての日向ぼっこも素敵なことと思います。

『今日も聞こえるは・・こころ青き、あの日か・・あの頃・
・あの町・・浮かぶメロディー・・・あの友・・・♪』

という感じで・・・上野でギターをかき鳴らしています。

「ふるさと大夕張」は・・代々木・春日・栄の崖に残って
いるアンモナイトのように残っていて欲しいと思います。






[1] [2] [3] [4] [5]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -